--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
01.18

もう三年 まだ三年

                      冬の気配がすると胸の奥が痛くなる
                   薬の副作用でおしっこが近くなったロッキーと
                      夜中に散歩した時に一緒に見上げた星空
                    お別れが迫ってることがわかってるかのように
               見慣れた景色を瞼に焼き付けようかとしてるようにじっと見てた姿
                       私の顔を見上げてるロッキーの目
                         そんな一瞬一瞬を思い出す

1-118-1

               今年ももな家からきれいな赤いバラの花が届きました
                  心にしみるメッセージと共に・・・

1-118-2
                          ありがとう
                    そんな簡単な言葉しか出てこないけど
                         本当にありがとう

                  普段は元気で賑やかで楽しいmomamaっち
            でも気持ちが落ち込む時にはこうやって一緒に寄り添ってくれる
                  何年経っても今日のこの日は辛いけど
         さりげなく支えてくれる友だちがいるありがたさに気づかせてくれる日でもある

                 ロッキーの木もこんなに大きくなりました
1-118-4

                できるなら手作りご飯を食べさせてあげたかった
                美味しい手作りおやつも食べさせてあげたかった

           そして・・・できるならもう一回ロッキーをギュッと抱きしめたいよ             
           
トラックバックURL
http://nikonikolavie.blog65.fc2.com/tb.php/682-46a79458
トラックバック
コメント
ワタシはまだこの胸の痛みを経験してないけど
きっときっと一生忘れられない痛みなんだろうな。
どれだけ経ってもしてあげたかった事とか忘れられないよね。

ロッキー、あっちで美味しいモノたくさん食べて太ってるかも(笑)
いつかきっとまた会えるよね。

anlaymamadot 2011.01.18 23:27 | 編集
momamaさんとこから飛んできました。実家の先住犬の「おい(実家に迷い込んで「おい」と呼んでたら振り向くようになってそのままネーミング;笑)」が亡くなる前に父に抱かれて散歩に行ったときのことを思いだしました。探すように振り向いて、そのとき確かに「ねえちゃん」と呼んだように感じました。その目をその顔を忘れません。おいが亡くなって何年かして実家にきた「ごん」ももうあごのあたりに白いものが目立つようになりました。こひっこさんがロッキーのことを思うように、今日はあたしもおいのことを思いながらすごそうと思います・・・って、もう翌日になってるけど(笑)。初お邪魔で失礼しました。
Qtiedot 2011.01.19 00:22 | 編集
何年経っても、私なんてロッキーに会ってへんのに泣けてくる。。。
ワン友のええとこはみんな同じように忘れられへん瞬間をもってて
そやから喜びも悲しみも共有できるとこやんな。

そやなきっとロッキーは自分に残された時間を悟ってて
覚えときたいっていう一心で見つめてたんやと思う。
こひっこちゃんがそん時のキーンと冷たい空気も
静かでこひっこちゃんとロッキーしか存在せーへんくらいに感じたことも
真夜中の暗闇も早朝の白い風景もはっきり思い出せるのと同じで
きっとロッキーもそうやと思う。
私も最後の散歩で車から降りられへんかった時のモモの顔も
亡くなった日が申し分ないほどのええ天気やったことも日差しの温かさも覚えてる。
でも忘れてしもてることも増えてるんかもな・・・。

ロッキーと行った北海道旅行、ラヴィと行ってみたら?
旅費出してくれるならお付き合いするよ(笑) 最後は笑わんとね。
momamadot 2011.01.19 14:41 | 編集
先代犬のおかげで今いる子たちは幸せやんね。
こひっこちゃんの悔いてる事は私にもすごくわかる。
一瞬でいいから会いたいと思う。
案外、ロッキーくんとうちのレナがお空で友達だったりして・・・チワワやけど。(笑)
ちょこのおかーたんdot 2011.01.19 20:49 | 編集
独身の時から家にはワンがいたけれど
庭での番犬だったんで、虹の橋を渡った時は
すごい寂しい思いはしたけど、今から思えば
ドンロビとは全然違った種類の愛情の注ぎ方やったな~と。
一緒に生活ってのじゃなく『飼ってた』感。そうゆうの。
ドンロビ通してそのコたちのこと…もっと違う接し方があったろうに…って思うのね。

こひっこちゃんはロッキーとのこと、
もっとああしてあげたかった…っていうのとは
ちょっとあたしのとは違うと思うんだけど
そういうことがあって、今のコとの生活を考えたり
逆に今のコとの生活を通して、昔のことを思い出したりしていくんやと思う。
それにしても毎年こうやってロッキーのこと思い出したり、
その日のことを忘れないで気持ちを届けてくれるお友達がいてて、さびしいけど素敵な日やと思うな~。

ドン母dot 2011.01.19 21:05 | 編集
悲しい気持ちもあるけど今は「あの時ロッキーこんなことして笑ったよな」とか楽しいことを思い出すことの方が多くなったよ
でもやっぱりこの季節はあかんな

ラヴィが食べてるものとか見てるとロッキーには申し訳ないって思う
今ほどいろんな情報ないしドライフードばっかりやった
手作りのご飯やおやつ食べさせてあげたかったなって思う
あの時は精一杯やったから後悔ではないんやけどね・・・

ロッキー美味しいものいっぱい食べて熊みたいになってるかもね
亡くなる前も好きなものいっぱい食べて40キロぐらいになってたんやで
食べれるってことが何よりうれしかったな・・・
こひっこdot 2011.01.20 21:51 | 編集
飛んできてくださってありがとうございます♪
おいくん(?)ネーミングがいいわ~
Qtieさんの実家に迷い込んできて正解でしたね
だって抱っこしてもらって散歩に行ってもらえたんですから・・・
Qtieさんに「ねえちゃん」って伝わったのもきっとそれだけ愛情を注いでもらったからやと思います
Qtieさんのお家に迷い込むまで辛いこともあったかもしれないけどきっとそんなこと忘れてしまうぐらい幸で家族の一員やったんやろな
だからQtieさんもこうやって折に触れて思い出しはるんやって私は思います

ごんくん(?)の白いものもQtieさんの家で幸せに生きてきた証ですよ

おいくんやロッキーがいなくなって寂しいけど、いつかはやってくる別れ
いなくなった後にこうやって思い出して笑ったり泣いたりして「忘れてないよ」ってメッセージ送ればきっと伝わると思います
ねっ?

これからもこんなブログですかラヴィのこと笑いにきてくださいね
よろしくお願いします
こひっこdot 2011.01.20 22:02 | 編集
今年も忘れずにいてくれてありがとう
前にmomamaっちが「先代の生まれた日も大事やけど旅立った日も大事にせなかん」って言ってくれてから
ほんまそうやなって思うようになった
旅立った日はなんか悲しくてできれば思い出したくないけど、見送った者の責任として大事にせなあかんな
できれば辛いこと思い出したくないけどちゃんと向き合わなあかんな
ロッキーのために涙してくれてありがとう
momamaっちと出会うことはなかったけど(出会ったらあまりの賢さにびっくりしてたと思う→マジで賢かってんで)今頃ももちゃんと仲良くしてるよ

ほんまロッキーはいろんなこと悟ってる目をしてた
そんな姿に「潔さ」って言うか「覚悟」みたいなもん感じたから私も腹くくらなって強くなれた気がする
でもこんな気持ちも今やから3年経ったから気がつくんやろな

何年経ってもmomamaっちが季節が巡ってきていろんなこと思い出すように私もこの季節はあかん
でもこうやって支えてくれる人がいることがほんまに心強い
初めて泊めてもらっった時もその話で二人で泣いて笑って忙しかったもんな
そんな時間が共有できるのは幸せやな

北海道旅行
飛行機乗るのに体重で値段かわるし
おばちゃんももなかもちょっとキロ落としてもらわんと(爆)






こひっこdot 2011.01.20 22:20 | 編集
ほんまにちょこちゃんやラヴィは幸せやなって思うな
レナちゃんがいたからちょこちゃんがおかーたんの所へやってきて
ロッキーがいたからうちにラヴィがやってきて
ほんで今こうして仲良くしてもらってるんやな
めぐり合わせってすごいよね
何かが一つ違えば今とはまったく違う暮らししてるんかもわからんと思ったら先代に感謝やね

旅立ったコは大きいとか小さいとか若いとか老いてるとか関係なしにみんな仲良しやで
せやからレナちゃんとロッキーも並んでちょこちゃんとラヴィが遊んでるの見てるって
こひっこdot 2011.01.20 22:26 | 編集
ドン母さんは昔からわんこが暮らしの中にいてたんやね
私はロッキーがはじめてで最初は悩んだり落ち込んだりしてた
でもロッキーからたくさんのこと学んだし老いていく姿もみたし見送りもした
日々の暮らしの中で例えば散歩でさかせたりして後で「ごめんな」思うことあってもトータルしていい毎日やったって思えたからラヴィを迎えられたって思うねん
ドン母さんやってきっと実家で飼ってたわんこと思い出あるからドンロビちゃんを迎えたんやと思う
先代のことを通して学ぶことっていっぱいあるよね
それでいいんと違うかな?

こうやってブログにロッキーのこと書いたら
会ったことがないみんなが暖かいコメントくれる・・・
それだけでロッキーも私も幸せやなって思えるねん
ありがとうね



こひっこdot 2011.01.20 22:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。