--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
04.29

今年も現れたヤツの名は・・・

Category: ラヴィのこと
数日前のこと
雨上がりの散歩中
どうしても草むらに入りたそうにするラヴィ

ラヴィさん そろそろあの黒くて最初は小さいあのいやなヤツが元気になる季節やから
あんまり草むらに顔突っ込んでほしくないんやけど・・・

429-1

って私が思ってもラヴィには通じるはずもなく

草むらに犬型まで作るほどの熱心さ

429-4

あの強靭な草が倒れてしまうって
どんだけ長いこといててんな

草むらでの長期滞在を終えたラヴィが出てきたら
黒い鼻(去年はウインターノーズを克服したラヴィです)に戻ってたはずもなく
つややかなピンクの鼻に朝露つけてました

429-2

おまけに朝露みたいにさわやかじゃないあの憎きダニーもくっついてました

429-3

そろそろこれの出番かな

スプレー

いろんなことを勉強するうちに
予防注射や薬の怖さを感じるようになった
なるべく負担のないようにと思うようになった

だからラヴィは狂犬病の注射は受けていません
8種だか9種だかの予防注射も毎年受けるのはやめようと思ってます

だって人間が子どもの頃に受ける予防注射
ほとんどの注射は1回受ければ一生免疫ができるのに
わんこだけは毎年受けないとならないなんてなんかおかしい気がする

フロントライン(農薬系)はダニをやっつけるぐらい
効き目が強いってことはラヴィへの負担も大きいはずなので
天然のものでできるだけ防ごうと思っています

フィラリアはちゃんと予防しないと陽性になっては大変なので
これは毎月服用します

ロッキーには当たり前のように上記の注射や薬使ってました
そうすることが「愛情」やって思ってました
でもロッキーの負担は大きかったような気がします

ロッキーにしてあげれへんかったことや
後悔してることを

ラヴィにしてあげること
後悔を後悔だけに終わらせないこと

それが私にできるロッキーへの恩返し













トラックバックURL
http://nikonikolavie.blog65.fc2.com/tb.php/462-dec9ee1a
トラックバック
コメント
同じような想いを持ちつつもBlogではなかなかそこまで本音を書けへん小心者な私。
でもほんまにそう。
先生の教えのまんましてたら一年中なんらかのお薬を与えてることになるもんな。
キレイで整った設備で感じの良いスタッフを維持するためには
もちろん利益も必要やし仕方がないことやってわかる。
でも私が何年も何年もモモの為やと思って療法食あげてたんが
結局腎臓を痛めつけてた・・・
3年前の今頃にはもう入院して24時間点滴してた。
もなかが当たり前のように食べてる手羽先1本でええし食べさせてやりたかったな。。。

常識から外れてるんかもしれへんし
先生からしたら問題児かもしれへんけど、ウチも薬は最小限にしようって思ってる。

momamadot 2010.04.29 22:26 | 編集
ダニ-が付いちゃったの?ラヴィちゃんは色白さんだからすぐ気付いてもらえるね♪
あたしはまだ1度も見た事ないんです、ダニ-

うちも夏はこの虫よけスプレー使ってる~
ワクチンやフロントライン、何の疑問も無く獣医さんに言われるまま使ってた。でも2年くらい前からいろいろ調べるうちにやっぱり疑問が出てきてねぇ(-"-;)?
去年はフロントライン使わなかったからなのか、15ケ所くらいカサブタ出来て禿げちゃって…(虫刺されって言われたケド痒みはなかった)今年は…付ける期間を空けながら様子見ようと思ってる。
ワクチンも抗体検査して抗体が無い物だけ注射出来ればいいのに…って思うのよね。
豆さくdot 2010.04.29 23:37 | 編集
本当に先代わんこにしてあげたかった事ってたくさんあるよね。ウチもそうです。
医療ミスで4才でなくなりました。だから病院選びに関してはとってもシビアになります。
ただ、医療のレベルの高さよりも私を不安にさせない、余裕を持たせてくれる病院を選ぶ様になったかな?

ところで酵素ちゃんも見せてよーー
みんなの見て安心したいから♪
(不安になったりして・・・こわっ。)
ちょこのおかーたんdot 2010.04.30 00:53 | 編集
ほら 人気ブログでもないし自分の思ったこと書いたらいいかなって感じで・・・

ほんま指示通りにしてたら何の薬も飲まへんのって冬場の数ヶ月だけのように思うねん

こうやっていろんなこと考えるきっかけを作ってくれたのはブログを通じて知り合えた人の考えやネットのお陰やって思う
情報が入り過ぎて逆に悩むこともあるけど
その中から自分で選んで決めることも大事やなって今は思ってる

ももちゃんに手羽先あげたいって思うように私もロッキーに生肉食べさせてあげたかったなって思うよ

でもそうやって後悔してることを今側にいるもなかやラヴィにしてあげることが一番の供養やって考えよう!!

これからももなかのことラヴィのことを一番の優先事項にして元気で長生きしてもらえるように楽しみながら努力しよなっ!!
こひっこdot 2010.04.30 21:48 | 編集
おっしゃる通りラヴィにダニがついてもすぐわかるんでありがたいです
先代犬は黒かったので気をつけてても大きくなってから発見して「うわ~」って思うことがありましたから・・・

豆さくさん一回も見たことないんですか?
ダニってね ついた時は米粒よりも小さいんですよ
それが何日か経つと小指の爪ぐらいの大きさに成長するんですよ
ダニながら「ようここまで大きくなった 天晴れ」って思うぐらいです

かさぶたできてちょっとおハゲちゃんになったとしても
いろんな副作用に悩まされるよりはずっといいように私は思いますが・・・

事実ラヴィはパピーの頃に目の周りに原因不明のできものができて抗生物質もなかなか効かなくてどんどん強い薬になって・・・
負担を考えて「もういいです」ってお断りしたことがあります
なのでよく見ると目の周りの毛が少しすくないです

本当に抗体検査してから必要なワクチンだけ接種できたらいいのにって私も思います
でも単体のワクチンなんてないんやろうなって思って言い出せずにいますが・・・

こひっこdot 2010.04.30 21:59 | 編集
ちょこちゃんのおかーたんにそんな過去(?)があったなんて想像してなかったです

そっか~辛かったよね
4才ってまだまだこれからって年齢やもんね
でもそんな辛さを乗り越えてちょこちゃんを迎えられたこと
本当によかったなって思います

獣医さんには求めるものは先進医療(私はコレで先代犬のロッキーの治療でずいぶん悩みました)より
どんだけ私たちの気持ちに寄り添ってくれるかですよね
医療のことより今の気持ちを聞いてもらえるだけでもずいぶん楽になるもんね
そんな獣医さんを見つけられたんかな?

ご希望通り今日の酵素さまアップしたよ
不安になるか安心するかは・・・
さてどっち?(笑)

こひっこdot 2010.04.30 22:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。