--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.25

福島の旅 最終

Category: ラヴィのこと
晴天のしかもぽかぽか陽気のいわきの海を堪能するJJとラヴィ
4-0225-1
でも足元にはめったに降らない しかも積もらないはずの雪が残ってる

4-0225-2

いわきで待ち合わせしたのはパズー一家
今回福島行きを計画したのはいわき市で展示されているこれを見ることが一番の目的でした
4-0225-3

4-0225-11
震災から丸3年を迎えようとしているけど
海辺の地域ではは震災当時のまま基礎だけが残された住宅がある
そこだけ時間が止まってしまったように・・・

忘れていないつもりでいても
直接被害がなかった私たちの記憶からはどんどん薄れていってしまってるのも事実

それではいけない
もう一回ちゃんと向き合わないと・・・そう思いました

2年前と何も変わっていない現実を見て本当の意味での復興っていつになるんやろうって思った
ここにはもう住めないとか整地するにも問題があるんやろけど

でも何とかしてほしい このままではこの場所はつらい悲しいだけのものになってしまう

そんなことを考えながら景色を眺めていました

4-0225-4
この日の海は少し荒れていました
あの日はこんなもんじゃなかったんやね・・・
はじめて海辺の地域を見たJJ一家とガリさん
変わってないことに驚いた私
口数が少なくなった私たちをパズー家が次に案内してくれたのが

こんな素敵なお店
4-0225-12
お料理も食後のコーヒーもおいしくて感激してたら
何とサプライズのバースディケーキが登場した!!

私が席を立ってる間に運ばれてて「主役が戻ってこない」って声を聞きながら部屋の中に入って
このケーキを見た瞬間1月生まれの私だけ(笑)へのかと思ったら
12月生まれのJJ乳母さんも一緒やった(笑)

みんなにおめでとうの歌を歌ってもらって大雑把に6等分されたケーキをご馳走になって

最後に向かったのがマリンタワーのある大きな公園
4-0225-5
時間がなくてタワーには登れなかったけど

わんこたち少しフリーにしてもらって大喜び
4-0225-6

4-0225-7
どうしてもラヴィに狩ってほしいJJと

4-0225-8
イマイチ気分がのらない大人なラヴィ

だってJJってばこんなことに夢中になるおこちゃまやねんもん
4-0225-13
パズーパパさんに転がしてもらった雪だるまの下半身(?)を必死にかじってる

ラヴィもちょっと様子見に行ってみたけど
4-0225-10

何が楽しいんかわからんわ~って戻ってきた
4-0225-9


名残惜しかったけどもうそろそろ家路につかないと・・・

大雪で高速通行止め 峠で一晩足止め
そんなアクシデントに見舞われた福島の旅でしたが
終わってみれば楽しかった

ご一緒してくれたJJ一家 案内してくださったパズー家
本当にありがとうございました




スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。