--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.17

東北女三代旅行記 その弐

Category: 家族のこと
仙台駅の南改札口でパズーの写真とともに
待っていてくださったのはPazooママさんとパパさん
ご挨拶もそこそこに仙台から車で福島へ

とても雰囲気のいいステーキハウスでお昼をごちそうになり
2-718-1


津波の被害が大きかった海岸地帯を車で回ってくださった
涙ぐみならが「ここには○○があってね・・・」など話してくださる
きっとつらくて見たくなかった場所だったはず
でも私は自分の目で見て記憶に残しておきたかった
皐月にもちゃんと見てほしかったので案内をお願いしていた

あの日までは家があって家族が笑ったり泣いたりして暮らしてた場所が
コンクリートの基礎だけになって月日の流れを感じさせるように雑草が風に揺れてた
がれきが山のように積まれている学校のプールも見た

たくさんあった砂浜も津波の影響で砂がえぐられたり沖合のテトラポットが砂浜まで打ちあげられてしまっているそうです


でも市内の内陸部ではとても大きな地震があったとは思えないぐらい被害は出ていない

そんな理不尽な現実を受け入れて暮らしておられる人が今もいる

福島は地震の被害だけでなく原発の問題もあって
いたるところに放射線量を測定する機械が設置されていて過去数日の放射線量が貼り出してある

それでも人ではずいぶん戻ってきたとPazooママさんはおっしゃっていました

1年と4ケ月経ってもまだまだ元通りの暮らしに戻れていない現実
まだまだ長い長い時間がかかると思った

ニュースで取り上げられることも少なくなってきて
遠く離れて暮らしていると記憶の一番上からずり落ちてしまいがちになる
でもやっぱり忘れてはいけないこと
たとえ何もできなくても忘れずに記憶のてっぺんにとどめておかないといけない

そう思った今回の旅行でした

そろそろお別れの時間が近づいてきても
名残惜しくて「さようなら」がなかなか言えなかった

旅立つ前の福島空港
「うつくしま ふくしま」の文字
2-718-2
いつかまた福島がそのキャッチフレーズのように立ち直ってくれますように

飛行機が飛び立つのを3階のデッキで見送ってくださっていたお二人の姿に
ただただ涙があふれてきました

また福島に来るよって心の中でつぶやきました

この灯りの下にそれぞれの幸せがある
2-718-3
どうかその小さな幸せが長く長く続きますように・・・
そして今つらい思いで過ごしておられる方にも穏やかな毎日が戻ってきますように

2-718-4

貴重なお休みの日に運転手をさせてしまったPazooパパさん
ありがとうございました

そして・・・Pazooママさんいろいろいろいろ本当にありがとう

お二人の温かい人柄にふれて本当にいい福島の旅でした
言葉では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです

必ずまた会いましょう

がんばっぺ いわき!!
スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。