--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.16

東北女三代旅行記 その壱

Category: 家族のこと
14日朝6時に車で家を出発し伊丹空港へ
そこからまさかのプロペラ機で一路秋田へ
2-717-1
伊丹晴天

秋田曇天
2-717-2

迎えに来てくれた勇己の案内で角館 田沢湖へ
途中信号が関西・東海とは違うことを皐月がつぶやく
2-717-3
東北の信号は豪雪に備えて横並びじゃなく縦並び
秋田で暮らし始めて4年目の勇己が「今まで気が付かへんだ~」と叫んで一同びっくり

びっくりしながらついたのは角館
昔の街並みが保存されている武家屋敷通りを歩いていると
街角におばあちゃんがパラソル立ててアイスクリームを売っている
その名もずばり「ババヘラ」
意味:ばばあおばあちゃんがヘラでアイスをすくって作るアイス
2-717-12
2色のアイスを上手に花びらみたいに形作ってくれる

アイス食べながらぶらぶら歩いて武家屋敷通りへ
そこには今も住みながら一般公開している家もあって
ばあこが「石黒さんの家に行きたい」って何度も言うから石黒さん家
2-717-6

2-717-7

「石黒さんの家」を連呼するばあこさんに勇己が「知り合いなん?」ってありえないことを聞く
ばあこさん「この前NHKで映っててん」
一同「・・・」

由緒ある石黒さん家を見せてもらった後は
一路田沢湖へ
2-717-9

2-717-8
辰子伝説の辰子さん(金色の人)にご挨拶して

一日目は終了

二日目は今回の旅の本来の目的
オープンキャンパスに参加すること

大学自慢の秋田杉で作られた24時間365日オープンしている図書館を見学して
2-717-10
模擬授業に参加したり留学体験を聞いたり入試セミナーに参加して対策を聞いたり充実した時間を過ごした

竿燈祭りのデモンストレーションを見たり
2-717-11

キャンパスを歩いている間に勇己がたくさんの友だちに「これ俺の妹やねん」って紹介してくれるのに
緊張のあまり「ヘヘヘ~」と笑うことしかできない皐月
それで大丈夫か?
かなり心配になった母でした



そして最終日
7時2分の秋田新幹線「こまち」で仙台へ
2-717-13
そこで去年の震災を乗り越えて今も頑張っているあの人と会う約束をしていたのです

続きは明日






スポンサーサイト
Comment:5  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。