--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.18

散りかけの桜を愛でに でもそれだけでは終わらなかった

Category: ラヴィのこと
ばあこさんを病院へ送って行った時間と
皐月の「迎えにきて」のメールがちょうどぴったりだった今日の午後
ばあこさんを病院へ送った後待ち時間に皐月と一緒に運動公園へ散歩に行った
2-418-1

野球場の周りの芝生でフリーにしたら
2-418-2
まず しっしを済ませて

後はボールを追いかけて走って走って
2-418-3
呼べば戻ってきてたのに

油断大敵とは今日のような時に使うのかと実感した出来事が・・・

野球場はぐるりと囲まれていて中に入ることはできないと思っていたら
矢印の部分の柵が少し開いていて
2-418-4
当たり前のようにラヴィはその隙間を潜り抜けて中へ

平日の午後にもかかわらず
中ではまさに草野球って感じのユニホームも着ていないおじさんたちが野球の真っ最中
2-418-5
「ラヴィ~!!」って呼ぶ声もむなしく
うれしそうにグラウンドを駆け回るラヴィ
「ごめんなさい すみません」と謝りながら追いかける皐月と私

不幸中の幸いで犬好きな人がたくさんいて
みんな笑って試合を中断してくれたけど
こっちは申し訳ないやら恥ずかしいやら
どうにか外まで誘導して捕獲

その後はリードを繋いで公園の遊歩道を歩いた
2-418-6

桜の写真を撮ろうとする皐月と
クンクンしたいラヴィ
2-418-7

杭の右を通りたいラヴィと
左を通りたい皐月
2-418-8
しばらく無言でもめてました

ハプニングがあったり思いがバラバラやったり
ちぐはぐな散歩やったけど
2-418-9
お天気の中桜を見ながら散歩して気持ちよかったね
 
スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。