--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.16

朝散歩で思ったこと

Category: ラヴィのこと
今週ガリさん出張につき朝散歩も私の担当
今朝も6時過ぎに出発~
2-316-1
お日様昇ったしお天気もそこそこよさそうやし
上向いて歩こう~と思ったら

2-316-3
クンクンに忙しいラヴィ

穴を覗くのも忙しい
2-316-4

ずっと下ばかり見てる
2-316-5

そんな下ばっかり向いてて首痛くない?
2-316-6

やっと上向いたと思ったら
2-316-7

2-316-8
シャッシャッシャ~と耳をかいただけでした


さて 今日でアキレス腱断裂から半年経ちました
普通に歩いたり走ったりできるようになりましたが
歩き始めのぎこちなさはまだ残っていてまさに油の切れたロボットのようになります
それと切れた部分のツッパリ感は未だ残っています

でも普段の生活で違和感を感じることは減ってきました
一番最後まで苦戦した階段を普通に降りるという動作
(階段を下りる時って足の後ろ側をすごく伸ばすことにはじめて気がついた)
これも今ではなんとか普通に下りれるようになりました

去年の9月にアキレス腱を断裂した時「普通に歩けるようになるのは来年の3月」って言われて
なんて先の話やろうって思ったけど
過ぎてみればあっと言う間やったような

不自由な生活の中で身を持って体験したり考えさせられたこともあって
ユニバーサルデザインとか言いながらまだまだ社会は健常者向きに作られてると実感しました

下ばかり向いて歩くラヴィを見ながら
「私もあの頃は足元ばかりに神経が集中してたな」と思い出しました
滑らないようにとか落ちてるものにつまずかないようにとか・・・
あの時感じたことを忘れずにいようと思ったのでした
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。