--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.17

切なすぎる

Category: 家族のこと
今朝は賑やかやったラヴィ家
いったいラヴィは何をやらかしたのか?
2-217-1

うちのばあこさんは昔から日本茶党
急須や湯飲みを見たり買ったりするもの好きです
好みの急須で入れたお茶をこれまたお気に入りの湯飲みで飲むのが幸せなんだそう

そんなばあこさんですから急須にもこだわりがありまして・・・

さかのぼること3週間ほど前
台所から何かが割れる音がした
見に行くと急須のふたが手から滑ったらしく床で粉々になってた

次の日も次の日もふたのない急須が台所にあって
どうも現役で活躍してる様子

「違うの出したら?いっぱい持ってるやん」って言うと
じろっと私を見た後きっぱりと
「いっぱいは持ってません。3個です。
最初にガリさんが落として割って その次にアンタが割ったから もうこれしかないねん」
そう言えば引越ししてから立て続けに割れたような記憶が・・・
「じゃあ今度買い物行ったら買ってくるわな」って約束したので
買い物に行くたびにばあこのこだわり急須を探すことに

ばあこのこだわりは色形はもちろん
一番の条件は中の仕様にあるんです
急須といえば注ぎ口にアミが貼っはあるものや
アミのかご?がついててそれにお茶っ葉入れるタイプのものが代表的かと思います
でもばあこはそのどちらもNGなんです
急須の側面にぐるりとアミが付いてるもの
それが一番いいらしい

すぐに見つかるやろうと思ってたのが
どこへ行っても売ってない

ホームセンターやスーパーや百貨店に買い物に行くたびに
売り場に並んでるたくさんの急須のふたを一個一個開けては
「これはあかん」 「これもだめ」とつぶやく私
周りから見たら完全に変なおばちゃんです

その間にも台所にはふたのない急須があって・・・切ない

ネットで検索しても普通の急須しかでてこなくて
どうしようかと思ってたら「帯アミ付き」と言う文字を見つけた
クリックしてみると
まさしくばあこさんがほしがってるタイプの急須でした
2-217-4
確かに帯のようなアミ
勉強になりました

お詫びの気持ちも込めてこれともう一個ポチしたのが
(なかなか手に入らないならまとめて買っておこう)
2-217-3
届いたのが一昨日の夕方

昨日から新しい急須でおいしいお茶を再び飲み始めたばあこさん
ところが今朝悲劇が起こってしまいました

急須の下に引いてあったこれ↓がほしくなったラヴィが咥えて引っ張った
2-217-2

当たり前のことですがその上に載ってる急須も引っ張られて
テラコッタの堅い床に落ちた
これまた当たり前ですが堅い床に瀬戸物が落ちたら割れるわけで

帯アミ付き急須 
わずか1日の命でした

切なすぎる

そして今日仕事から帰ってきたら
再びふたなし急須が・・・
「もう一個あるんやし使いよ」って言ったら
「またすぐ割れる気がする・・・」と縁起でもないことを言い出す
あ~切なすぎる

2-217-5
そして
まったくごめんなさいと思ってないラヴィの顔


スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。