--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
10.31

ストレス

Category: 家族のこと
先週の木曜日晴れてギプスから装具に変わり一歩前進したアキレス腱治療ですが
実はギプスが装具に変わっただけで相変わらず外では松葉杖 家の中ではマシーン生活が続いているのです

木曜日病院に行く前は「今日帰りは片松葉?それとも松葉杖なし? いきなり歩けるんやろか?」ってかなりドキドキしてた
ギプスを外して診察を受けてアキレス腱もきれいにくっついていると診断され
先生から「リハビリ室に行って」と言われ病院の端にあるリハビリ室へいそいそと行ったら
そこの受付で「今日は予約だけです」って言われて唖然・・・・

納得いかないままとりあえず一番早いあいてる日を予約をして
元の整形の受付に戻ったことを伝えると
「今日はもう会計を済ませたら帰ってもらっていいです」って言われて再び唖然・・・

装具にしてからの注意点や聞きたいこと何にも聞いてない
(リハビリ室に行ってと言われた時はそこでいろんなこと質問できると思ってた)

最初の診察の時におおまかに今後の流れみたいなものは説明してもらいました
例えば装具になったら外してお風呂に入っていいとか寝る時は外して寝てもいいとか
でももっと細かな部分(少し体重をかけて立ってもいいとか お風呂で椅子に座って足を床につけてもいいのかなど)何もわからない
それよりも今から私は松葉杖をついて歩くのかなしで歩くのか?
それすらわからない

そのことを受付で伝えて必要最低限のことだけは聞きましたが
とりあえずリハビリしてみないと何もわからないと言われ
結局ギプスが装具に変わっただけで何の進歩もない状態

ギプスから装具に変わるのは2週間前の木曜日にわかってたことで
何でその時にリハビリの予約をさせてくれなかったのか?
そしたら今頃家でも何かできてて少しは進歩してたかもわからんと思うと少々あせります

そんな訳で明日が初のリハビリ
ちょっとは前に進めるかな



先日リチウム電池が入っていたためマレーシアの税関から我が家にもどってきたカメラ
本カメラはもうマレーシア行きをあきらめていたようですが
使いたい本人から熱烈なラブコールが何度も何度もメールと電話でありまして
それに根負けした両親はついに「もう一回送る」と言わされてしまい
本日再びマレーシアに向けて旅立ちました
(電池は向こうで買うらしいので電池抜きで・・・売ってるなら最初からそう言えよって思ったけど)

忙しいビジネスマンのようにマレーシアと日本を1週間で2往復もする私のカメラ
そのハードスケジュールにストレスを溜め込むことなくいい写真を写せますように
そして何より今度こそ無事に勇己の手元に届きますように


こちらはストレス発散(?)で再び芝生をホリホリしたラヴィ
1-1031-1

と ホリホリされた芝生
1-1031-2

何のストレスもないはずやのに
昨日急にすべての機能を停止したテレビ
1-1031-4

明日修理に来てくれます
5年保障にしててよかった 
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。