--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12.21

考えながら

Category: ラヴィのこと
いよいよ今日は初マンモちゃんの日
いろんな人から情報をかき集めかなり耳年増ちっくになってた私
感想は・・・
「右は痛くなかったけど左は痛かった」です
最初に右からしたんですが「こんなもんなんやったら楽勝」って思ったら
なんでか左は痛い!!
「力抜いて」とか「背伸びしないで」って言われても痛いもん力も入るし体も浮く
左右を上からと横からはさんで合計4回
その間痛さを紛らすため
「ラヴィやったら10個もお乳あって各2回やし合計20回も我慢せなあかんねんな 私は2個でよかった」と
しょうもないことを考えてた

春先に市から案内が届いてから気になりながら先延ばしにしてたことを
なんとか年内に済ますことができました

よかった これですっきり年が越せる(掃除は何もしてないけど)

昨日のお休みはラヴィと足を延ばして1時間30分ほど散歩
1221-1

途中住宅街の外れの自然いっぱいの場所を歩きます
1221-4

1221-2

そうそうここは以前ラヴィが恐ろしいことになった沼もあります
懲りずに入ろうと考えてるのか
1221-3
見つめてる

そんな自然満喫中に「ここは狩猟禁止区域です」と書かれた赤い看板があって
「狩猟禁止って何を狩るんやろ? イノシシ?」などと考えながら歩いてたその時
ラヴィが雑木林の方へ落ち葉を踏んでガサガサ音をさせて近づくと
「ボボボボボッ~」「グァグァグァ~」と言うか言葉にできない声が聞こえて
ガサガサ バサバサと動いてる気配が

「うわ~ イノシシ?」って動くことも出来ずに固まってると
野鳥が二羽飛び立って行きました

1221-6
びっくりしたね~

私が野鳥とわかった時点ではまだいったい何が起こったのかわからず
1221-7
まだこんなびっくりした顔してます


散歩の終盤で出会ったこの白いわんちゃん
1221-5
ももちゃんと言うお名前でもっと遠くの人里離れた湖の側をクビに直に巻かれたロープを引き摺ってさ迷っているところを
今の飼い主さんに保護されたコです

実は市内でわんこのレスキュー活動をされている団体さんの里親募集のチラシで見てから気になってたコでした
保護主さんをとても信頼している様子が書いてあって「そこのコになれたらいいのにな」って思ってたら
ちゃんとそこのお家のコになってこんな幸せそうな顔してました

どんな経緯でさ迷っていたのかわかりません
私は飼い主に連れてこられて捨てられたと思いましたが
皐月は劣悪な飼育環境がいやで自分から逃げてきた(ロープがついたままなんがその証拠らしい)と言いました
もし皐月の想像が当たってるなら自分の手で幸せを引き寄せたんやね

後姿を見送りながら「手に入れた幸せを手放したらあかんよ」って強く思いました



 


スポンサーサイト
Comment:8  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。