--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
05.11

ラヴィの顔が~ その後

Category: ラヴィのこと
ラヴィのボコボコにコメントいただいたみなさん
メールをくださった方
本当にありがとうございます

昨日の夜寝るよって声かけてバリケンから出てきたラヴィの顔は

お岩さんのようにまぶたが腫れてました

これまた病院へ行く頃には治まってましたが・・・


朝一で病院へ行ってきました

でもいつもの病院ではなく
違う病院へ行きました

そこで2歳にしてなぜ「初診」なのか
股関節形成不全で手術をしたこと
今は完全生食なこと
お話しました

先生は生食を推奨はしないけど否定はしないとおっしゃってくださいました
そして私が持って行ったデジカメの映像を見て
「これは蕁麻疹ですね でも血液検査して調べてみましょう」と準備を始められました
ここで気配を察したラヴィが興奮して逃げようとした
そしたら鼻の上に一個ボコが出現

血液検査の結果アレルギーのピークは過ぎてて
値も正常値の範囲に収まってるけど
今はちょっとした興奮でも反応が出るようなので
しばらくは生のものはあげないで火を通してからあげたほうがいいですねって言ってくださった
「確かに生食のコはカラダに元気があります 今のラヴィの体型は股関節に負担のないいい状態ですからこのまま続けていいと思います」とまで 言ってくださいました
そして 調子が悪い時はこのサイトで対処法を紹介してるから参考にしたらいいですよとサイトを紹介してくださった

否定されないだけでもうれしかったのに
こんなアドバイスまでいただけて

もうこの病院にかえようと決めました

「薬はあまり使いたくないでしょうが弱めのを3日分出しておきますから」って

その薬をのんでラヴィのボコボコも治まってます

511-1

おまけにラヴィの股関節の手術をしていただいた藤井寺動物病院の先生とはお知り合いとわかり
不思議な縁を感じました

薬や注射を完全否定するのではなく
こうやって上手に付き合っていけるのが一番










スポンサーサイト
Comment:12  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。