--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07.07

「傾聴から学ぶ ~聴くコミュニケーション~」

Category: ラヴィのこと
昨日のことですが、(昨日は他にすごい出来事があったので今日にずれました)
地区の市民センターで開講されたタイトルのようなセミナーに行ってきました。

傾聴とは、「相手の話をじっくり共感的に聴くこと」「無条件に相手の気持ちを受け止めること」
とにかく耳を傾けて相手の話を相槌を打ちながら黙って聴くことだそうです。

お年寄りや不登校など心に問題を抱えている子どもたちに有効なコミュニケーション術だそうです。

黙って相手の話を聴くなんて無口な私にはぴったりじゃないですか~

それでは今日はこの方のお話に耳を傾けてみましょう・・・・
傾聴.

「ワタシがカエルやミミズの干物を拾い食いしたり、ラップごとハンバーグを食べたり
ウンタンを食べたりすると、おかーさんはだめって怒るのがとてもいやです。
だってワタシはとても美味しそうなニオイにひかれて食べたいって思ってそれを行動にうつしてるだけやのに、どうしてそれがだめなのかワタシにはわかりません。
じゃあワタシが拾い食いしないようにもっともっとご飯やおやつや果物くれればいいのに、
太ると足によくないからってそれもだめ。
まぁ前よりは少し多くなったけど・・・
あれもダメ これもダメじゃワタシもやってられないわ。」

傾聴のポイント:相手の話を聴いたらそれをそのままの言葉で相手に伝え返します。

カウンセラー母:「そうなのね~ ラヴィちゃんは、カエルやミミズの干物を拾い食いしたり、ラップごとハンバーグを食べたりウンタンを食べたりすると、おかーさんはだめって怒るのがとてもいやなのね。
ラヴィちゃんははとても美味しそうなニオイにひかれて食べたいって思ってそれを行動にうつしてるだけなんだもんね~。
ラヴィちゃんが拾い食いしないようにもっともっとご飯やおやつや果物くれればいいのにって思うんだよね~
あれもダメ これもダメじゃワタシもやってられないわって思うんだよね~。
それは辛いよね。」
と、伝え返して相手の気持ちに寄り添ってあげること。

「は~~っ!!
何それ?
アンタはちゃんと標準の量のごはん食べてます。
あれもダメ これもダメじゃやってられないってか?
そんなこと言われたらおかーさんの方がやってられへんわ!!!」
なんて事を言ってはダメです。
思うだけもダメみたいです・・・
表情や口調に出てしまうので・・・

傾聴って難しい

夕方の散歩でラヴィも傾聴のボランティアをしてみるそうです。
カエルの声に耳を傾ける
カエルさんの声に耳を傾けているそうです・・・

疲れるわ
誰かの気持ちに寄り添うって難しいですね・・・
ラヴィも疲れたそうです。

水溜り
この後は水溜りに入ったり
水路にドボンして
蜘蛛の巣with虫
顔に蜘蛛の巣と虫くっつけたり・・・

泥んこになっても顔にいろんなものくっつけても
そんなの洗えばきれいになるもんね。
でも心の中にいろんなものくっつけてしまうときれいにするのが大変。
溜め込む前に吐き出してしまいましょう。

(誰かに)話す=心にたまった物を(放す)っていうことなんですって・・・
確かに誰かに聞いてもらうだけですっきりすることってよくありますよね・・・







スポンサーサイト
Comment:7  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。